WBSC とフランス野球ソフトボール連盟(FFBS)がベースボール5をカリブ海のフランス海外県に導入した。フランス野球ソフトボール連盟(FFBS)がフランス領西インド諸島・フランス領ギアナ野球・ソフトボール・クリケットリーグが  グアダルーペで21日の水曜日から11月 23日までベースボール5のクリニックを企画した。

「ベースボール5 はカリブ海のフランス海外県に野球とソフトボールを広めるのに素晴らしい手段だと思っている。」とリーグのMidji Verdol会長は語った。

クリニックには20名が参加した。この中には地元のスポーツ監督や、クラブの役員、アンティル大学のスポーツ学部、SUAPS(Service Universitaire des Activités Physiques et Sportives)のコーチや学生達が含まれていた。

クリニックのプログラムには野球とソフトボールのアーバン版であるベースボール5の規則を説明し、それに関するアドバイスや、試合前の準備体操、ベースボール5の攻撃の仕方と守り方を磨くためののヒント、審判の基礎等が含まれていた。クリニックはどのようにベースボール5の野球場を作ればよいかのブレインストーミング終了した。

「クリニックは成功に終わった。」とフランス野球ソフトボール連盟( FFBS)の発展振興開発部長で WBSC ベースボール5委員会のメンバーの Elliot Fleys氏は述べた。「参加者達の熱意が伝わってくるようだった。」

Baseball5 to build baseball softball community in the French Caribbean