ナイジェリアが国際大会デビューを果たし、初のランキングポイントを獲得。次のWBSCソフトボール世界ランキングにランクイン

ボツワナと南アフリカが7月23日〜27日オランダのユトレヒトで開催される第32回オリンピック(東京2020)ソフトボール競技への出場チームを決めるWBSCヨーロッパ/アフリカ予選に進出が決まった。

今日行われた女子ソフトボールアフリカ予選の決勝に残ったボツワナと南アフリカの2チームがアフリカ代表となった。南アフリカ、プレトリアで行われた今日の決勝ではボツワナが南アフリカに8対1で勝利した。

「ボツワナと南アフリカのチームのみなさん、大会優勝、準優勝おめでとうございます。次のステップではアフリカを代表しオリンピック予選でぜひがんばってください。」とWBSCのソフトボール部門会長、トミー・バラスケス氏はコメントした。「WBSCは今後も若い人たちへとつながるようアフリカでの振興支援を続けていきます。アフリカ大陸にはソフトボールの未来へと繋がると大きく期待されています」と加えた。

アフリカ優勝に輝いたボツワナと2位の南アフリカはナイジェリアとウガンダの女子ソフト ボール代表チームを下した。

ボツワナと南アフリカはオリンピックのWBSCソフトボール大会への出場を目指しヨーロッパ/アフリカ予選に進出し、ヨーロッパトップ6カ国の代表チームとオリンピック出場をかけて戦う。

ヨーロッパ6チームはWBSC欧州ソフトボール選手権大会を勝ち抜いたチームとなる。同選手権大会は6月30日〜7月6日までチェコとボーランドで共同開催される。

ナイジェリアがWBSC世界ランキング初登場

女子ソフトボールアフリカ予選に初出場したナイジェリアが、はじめてWBSCソフトボール世界ランキングデビューを果たした。世界ランキングに入るアフリカの国としてはナイジェリアは7番目。すでにランクインしているのほかのアフリカ勢は、南アフリカ(28位)、ウガンダ(30位)、ボツワナ(43位)、ケニア(48位)、ジンバブエ(60位)、レソト(66位)。

今後の組み分け抽選

WBSCヨーロッパ/アフリカ 東京2020ソフトボール予選の抽選会は7月10日にスイス、ローザンヌのWBSC本部で行われる。8チームがオープニングラウンドで2組に分かれる。

アフリカとヨーロッパのトップソフトボール代表チームらが東京オリンピックのソフトボール大会への出場1枠をかけて激突する。

アフリカ予選最終順位

  1. ボツワナ
  2. 南アフリカ
  3. ウガンダ
  4. ナイジェリア

Botswana, Nigeria, South Africa and Uganda National Teams at the Closing Ceremony