Sara Groenewegen投手は、カナダをパンアメリカン競技大会で連続2連勝に導く5イニングの完全試合を投げた。トーナメントでは、プエルトリコに6対0で勝ったアメリカも無敗だ。その日の最後の試合で、メキシコはリマで初勝利を挙げ、開催国チームペルーを9対0で破った。

カナダは5イニングでベネズエラを8対0で破った。カナダは、もう1つの強力なピッチングを見せつけた。完全試合を投げたGroenewegenが、15人の打者全員をアウトにし、うち10人から三振を奪った。3回の複数の猛安打で、カナダは大会のマーシールールにより勝利した。マリア・ゴメスはベネズエラの負け投手。

アメリカもまたプエルトリコに6対0で勝ち、この大会2回目の勝利を獲得した。Kristy Merrit とDelaney Spaulding は本塁打、 Haylie McCleney, Ali Aguilar と Valerie Arioto は7安打3得点を入れた。左腕投手Cat Ostermanは、6イニングを投げ、13奪三振、2被安打で勝利投手。Meghan Kingは負け投手。

メキシコの捕手、Sashel Palaciosは4回に本塁打を放ち、開催国ペルーに9対0で勝利した。Dallas Escobedoは、5回のイニングで11打者を三振に倒し、1安打のみを許した。メキシコにとってパンアメリカン競技大会での初勝利だった。

写真: Dave Holland /カナダ国内オリンピック委員会