レイ・ビセンテ・アングラダ(Rey Vicente Anglada)は、キューバ国立野球チームの新しい監督に任命された。2019年の国際大会シーズンでは、キューバはパンアメリカン競技大会とWBSC プレミア12 に出場する。

アングラダ監督は1953年に生まれ、El Rey Azul(The Blue King・青の王様)の愛称で、2塁手としてプレーした。彼はキューバの国内野球リーグSerie Nacional(1972-1982)、そしてIndustrialesと他の首都ハバナのチームのためにSerie Selectivaで活躍した。彼は1976年と1978年の野球世界選手権大会でキューバを代表した。

彼は監督としてIndustrialesを2003年と2004年と連続して全国選手権大会に導き、2006年には代表チーム(Santiago de Cuba)を監督し3位に導いた。彼は2006年と2007年に代表チームを監督。2007年のパンアメリカン選手権大会で優勝したが、アメリカに2007年のIBAF世界選手権大会の決勝で敗れた。

 

Rey Vicente Anglada

Rey Vicente Anglada at the 2007 Baseball World Cup

アングラダ監督は4月と5月に63人のプレーヤーの事前選抜に取り組み、それから6月のカナディアン・ アメリカンリーグの15試合でナショナルチームを監督する予定だ。その後、キューバは北米へ移動し、7月2日から7日まで開催される国際親善シリーズ(International Friendship Series)でアメリカ大学代表チームと戦う予定だ。さらにパンアメリカン選手権大会に備えて、多くの試合が予定されている。

事前選抜の選手名は次の通りだ。

投手 (25): Lazaro Blanco, Yoanni Yera, Vladimir Garcia, Vladimir Baños, Freddy Álvarez, Alain Sanchez, Yariel Rodriguez, Frank Medina, Yadian Martínez, Andy Rodriguez, Ulfrido Garcia, Yosimar Cousin, Wilson Paredes, Yandy Molina, Misael Villa, Yudiel Rodríguez, Livan Moinelo, Raidel Martinez, Pedro Alvarez, Rafael Sanchez, Dariel Gongora, Pablo Guillen, Norge Vera, Yoen Socarras, Yanieski Duardo.
捕手 (8): Yosvani Alarcon, Oscar Valdez, Frank Morejón, Andy Cosme, Ariel Martinez, Yendry Tellez, Alfredo Fadraga, Yunior Ibarra

内野手(18): Yordanis Samon, Oscar Colas, Yurien Vizcaino, Norel Gonzalez, Wilfredo Aroche, Sergio Barthelemi, Raul Gonzalez, Carlos Benitez, Maikel Caceres, Cesar Prieto, Yurisbel Gracial, Yordan Manduley, Alexander Ayala, Orlando Acebey, Ricardo Ramos, Andres Hernandez, William Saavedra, Jorge Aloma
外野手 (12): Ariel Sanchez, Frederich Cepeda, Yoelquis Guibert, Alfredo Despaigne, Roel Santos, Geyser Cepeda, Jorge Johnson, Yoelquis Cespedes, Joasan Guillen, Yunieski Larduet, Stayler Hernandez, Robert Luis Delgado

アルフレド・デスパイネ・ロドリゲスは、所属するNPBのチーム、福岡ソフトバンクホークスとの契約の都合上、パンアメリカン選手権大会に出場できるかどうかまだあきらかにされていない