カナダ人でWBSC世界ソフトボール殿堂のBob Van Impe氏が2018年11月16日(金)にカナダのサスカトゥーンで死去した。96歳だった。

Van Impe氏はソフトボールカナダや前国際ソフトボール連盟(ISF)のアドミニストレーターとして生涯をささげたとして1987年に世界ソフトボール殿堂入りを果たした。

同氏は1966年から1968年までソフトボール・カナダのコミッショナーをつとめ、1968年からソフトボール・カナダの会長に選出された。会長職は1986年まで続いた。また1974年から1987年までISF第1副会長、1987年にはISF副会長/北アメリカに選出された。

1984年にはカナダ・サスカトゥーンのスポーツ複合施設にある球場は同氏の名前にちなんでBob Van Impeスタジアムと名付けられた。

同氏の葬儀は11月21日にサスカトゥーンの聖マリーズ・ローマンカソリック教会 (211 Avenue O South)にて行われる。