中国上海で9月24日から28日まで開催されるWBSCソフトボール アジア/オセアニア オリンピック予選の取材許可証申請が開始しました。受付締め切りは9月17日(火)となります。

ソフトボール アジア/オセアニア オリンピック予選の取材を希望する国内外のメディア関係者の皆様は、WBSC専用オンラインページから(my.wbsc.org)WBSCメディア許可証申請をしてください。

取材許可証はプレイベント記者会見の会場か、9月24日以降はShanghai Chongming Sports Training Center(上海崇明体育訓練基地)にて受け取りが可能です。

8チームが出場するこのWBSCソフトボール アジア/オセアニア オリンピック予選にはアジアのトップ6チーム(オリンピック開催国の日本を除く)とオセアニアのトップ2チームが出場する。オープニングラウンドでは2グループに分かれる。

グループ A: 8位中国、11位ニュージーランド、13位フィリピン、23位韓国

グループ B: 6位チャイニーズタイペイ、7位オーストラリア、37位インドネシア、42位香港

概要

プレイベント記者会見: 2019年9月23日現地時間14時 Hyatt Regency Chongming Banquet, Hall 3. (Map)

大会球場:  Shanghai Chongming Sports Training Center(上海崇明体育訓練基地)Chongming District, Shanghai, China.

公式ウェブサイト(6カ国対応): (English, French, 日本語, 韓国語, スペイン語, 繁体中国語)

公式SNS:@WBSC (Twitter、Facebook、 Instagram、Weibo)

公式ハッシュタグ: #RoadToTokyo #Softball

映像・画像等の権利を有さないメディア(以下NRH) 各社向けガイドライン

NRH各社のテレビ・ラジオ報道について

 

WBSC 大会は権利を有する会社のみに試合の映像(音声・ビデオ)の放送が許可されています。試合中にNRHがスタジアム内での音声録音、映像撮影、ライブコメントなどをすることは許されていません。WBSCのライツホルダーとの協定により、このガイドラインに違反する行為があった場合は取材許可証は直ちに没収され、WBSCより法的措置を講じられる、または要注意人物リストに名前が残ります。

NRH各社につきましては公式練習、試合前後のセッション、ミックスゾーン、記者会見、開幕式・閉幕式などでの取材が可能です。試合中はNRHのテレビカメラの電源をオフにしていただけますようお願いいたします。

取材許可はプレス、カメラマン、ラジオ、テレビなどカテゴリーごとに発行され、取材可能範囲もそれぞれに定められています。

カメラマンとNRHのテレビクルーはビブスの着用が義務付けられています。