Photo: © 2017 Estadio Nacional Dennis Martínez.

【ニカラグア・マナグア】中央アメリカ・カリブ海競技大会の野球トーナメントがニカラグアのマナグアで開催され、現地時間午前10時にパナマとコスタリカが開幕戦を行う。最初の2試合が最近建設されたデニス・マルティネススタジアムにて行われ、現地時間の午後6時半からは開催国ニカラグアが得るサルバトルと対戦する。試合は 公式サイトにて生中継される。

グアテマラとホンジュラスは現地時間午後2時よりアンティグオ・エスタディオ・ナショナルにて対決。

計6チームが総当たり戦ラウンドロビン方式で対戦し、上位2チームが決勝、3位と4位が準決勝を行う。

開催国のニカラグアチームは前大会王者で、今回も優勝候補。

アメリカメジャ―リーグ(MLB)のカンサス・シティ・ロイヤルズで205試合出場したチェスラー・カスバートはロースターのトッププレイヤー。カスバートは三塁、クリーンアップを務める。カスバートは最近ケガで故障があったが、MLBからまったくプレーは制限されていないと述べている。

長年監督を務めるフリオ・サンチェス氏は投手でもMLBの経験に頼るつもりだ。ベテランの右腕ウィルトン・ロペスも選出された。さらにボストン・レッドソックスの19歳右腕ロニエル・ラウデスは今シーズンMLBのアドバンスドAのサレムにて23試合に出場した。

パナマも優勝候補として目されている。11月に開催されたボリバリアンゲームズでは2位に終わったが、ロドリゴ・メロン監督はロースターにルーキーのハロルド・アラウズ(アドバンスドA・フィラデルフィア・フィリーズ)とアンフェルネ・ベニテス(クラスA・アリゾナ・ダイアモンドバックス)を追加した。両者ともに右腕の22歳。そのほかパナマは、野手J.C. ロドリゲス(クラスA・オークランド A’S)、捕手ビクター・モスコテ(クラスA・ニューヨークメッツ)などプロ選手がロースターに顔を揃えている。

中央アメリカ競技大会の野球トーナメントはWBSC公認