【スイス ローザンヌ】 – 最初の野球のグローバル化提唱者の一人で、ロサンゼルス・ドジャースの元オーナー、ピーター・オマリー氏は、リカルド・フラッカーリ会長指揮下の世界野球ソフトボール連盟(WBSC)の組織とその成長を称賛した。

オマリー氏は、オリンピックのスイスの首都ローザンヌにあるメゾンデュスポーツインターナショナルのWBSC本部を訪問し、歓迎を受けた。

オマリー氏は、1984年ロサンゼルスオリンピックで試験的に試合をドジャーススタジアムで行って成功させ1994年オリンピック公式種目入りに貢献するなど、野球の国際化に尽力した。オリンピックで野球が紹介された当時は約50の国と地域のみで競技されていたが、、 2000年代初頭までの間には120以上の国と地域でこのスポーツが行われるようになった。

「ピーターオマール氏は野球がグローバルなスポーツに発展する土台を形造り、築きあげる偉大な功績を残してくれた。」とリッカルド・フラッカーリ WBSC 会長は述べた。

オマリー氏の先駆者としての功績を認め、世界野球ソフトボール連盟は彼を国際野球連盟(IBAF)/ WBSC創設者クラブのメンバーの一人に任命した。