アメリカアマチュアソフトボール協会は、オクラホマシティのUSA Softball Hall of Fame Complex(ASA 殿堂 スタジアム)で2019年10月2〜6日に開催される2020年オリンピックチームトライアウトの日程を発表した。2020年のアメリカ女子ソフトボール代表チームの名簿はこのトライアウトの終了時に発表され、10月 8日の朝記者会見が行われる予定だ。

The 2020 アメリカ女子ソフトボールオリンピックトライアウトに招待されたアスリートのリスト includes 29 athletes vying for a spot on the 15-player roster and three replacement athlete roles.15人の正式メンバーと3人の補欠を目指す29人の選手名が含まれている。

注目されるのは2人のオリンピックメダリスト、Monica Abbott と Cat Ostermanだ。この二人に加えて、アメリカの連続優勝を獲得し、2020年東京オリンピックの出場資格を得た2018年WBSC世界選手権チームの14人のメンバーは、この2020年トライアウトに参加する。
この選考過程で、選手達は守備練習や模擬試合に参加し、米国オリンピックパラリンピック委員会(USOPC)によって承認された選手選考手順に従って、米国ソフトボール女子代表チーム選考委員会(WNTSC)によって評価される。トライアウトには一般人も無料で入場できる。

トライアウトに続き、チームは7月22〜28日に福島と横浜で開催される東京2020オリンピックの準備として、一連の競技とトレーニングの機会の「Stand Beside Her」ツアーに参加する。