冬季オリンピック開催中、WBSCのベン・チョウ・ロウ事務局長が大韓野球ソフトボール協会 (KBSA)と会談を行った。

KBSAはインドネシアのジャカルタで開催される2018年アジア競技大会への代表チーム出場準備を間もなくはじめることを発表した。ソフトボールチームは1月に合宿を開始し、野球チームは間もなくトップ選手の中から選出が行われる予定だ。

ベン・チョウ・ロウ事務局長はKBSA執行委員会とともにコーチや審判の育成プログラムなどについて意見を交わした。KBSAは育成のためにWBSCの基金を必要としており、オリンピック・ソリダリティ基金などについての情報をたずねた。