今年度の最初のソフトボール大陸予選となるWBSC女子ソフトボール ヨーロッパ/アフリカ大陸予選が7月23日(火)よりオランダのユトレヒトで開幕。アフリカ上位2カ国とヨーロッパの上位6チームが東京オリンピック2020の1枠をかけて激突する。

ボツワナ、チェコ、フランス、イギリス、イタリア、オランダ、南アフリカ、スペインの8チームが2グループに別れて5日間の試合を行う。

グループA

ヨーロッパ/アフリカ大陸予選のグループAは世界ランク10位オランダ、12位イギリス、28位南アフリカ、35位スペイン。

オランダは史上3度目のオリンピック出場を目指す。1996年アテネオリンピックでは7位、2008年北京オリンピックでは8位に終わった。予選開催国のオランダは2週間前に行われたヨーロッパ選手権大会では決勝でイタリアに2対1で破れて2位に終わっている。今回のユトレヒト予選ではオリンピック出場歴のあるBritt Vonk とRebecca Soumeruがチームを束ねる。内野手のBritt Vonkは打率、本塁打数、安打数、得点数など10項目においてチームトップを誇る。昨年千葉で開催したWBSC世界女子ソフトボール選手権大会ではオランダは8位に終わった。

イギリスは史上初のオリンピック出場を目指す。チェコで開催されたヨーロッパ選手権大会ではイギリスは3位を獲得。無敗でスーパーラウンドに進出したがオランダとイタリアに破れ、決勝まで登りつめることができなかった。3位決定戦ではイギリスはチェコを5対1で下し銅メダルとなった。元ナショナル・プロ・ファストピッチ(NPF)内野手のNerissa Myers はイギリスチームの注目選手。 ピッチングの要はGeorgina Corrick(ヨーロッパ選手権大会では3勝1敗、防御率2.76)。昨年の世界選手権ではイギリスは11位だった。

アフリカ大陸選手権大会2位で予選に出場するのは南アフリカ。オリンピックソフトボール初のアフリカ大陸からの出場を目指す。今年1月にプレトリアで行われたアフリカ大陸選手権大会ではボツワナに決勝で破れた。昨年の世界選手権では南アフリカは1勝もあげることなく終わった。

Dinet Oostin slides into second for The Netherlands and avoids a tag by South Africa’s Alex Fortune in the last World Championships.

 

 スペインは2週間前のヨーロッパ選手権大会では1988年、1999年、2001年に並ぶ最高記録の5位だった。Beatriz Parejo やBeatriz Alonsoをはじめとする投手陣に加え、Estibaliz Alvarez(打率.524、15打点)、Candela Garcia(.417) 、Uxua Modrego (本塁打4) など同大会トップの打撃力を有する選手が揃っている。スペインはオリンピック出場経験はなく、1994年世界選手権(カナダのニューファンドランド、セントジョンズ)以来の世界舞台となる。

グループB

ソフトボール ヨーロッパ/アフリカ予選のグループBは9位イタリア、15位チェコ、26位フランス、43位ボツワナ。

ヨーロッパ選手権大会で優勝を果たしたばかりのイタリアは史上3度目のオリンピック出場をかけ、再び優勝しオリンピック出場を狙う。イタリアは2000年シドニー大会で5位、2004年アテネ大会で8位。今月初めに行われたヨーロッパ選手権大会でイタリアは卓越した打撃力を見せ、わずか12試合で本塁打40本など、合わせて11項目でトップを獲得した。Erika Piancastelli、Laura Vigna 、Amanda Famaはそれぞれ打率.500、本塁打通算23本を記録した。決勝の対オランダ戦ではGreta Cecchettiが7回投球で12奪三振、5被安打、2失点、3四球。同大会では通算30イニング投球し、5勝0敗、防御率0.60 の成績だった。

ヨーロッパ選手権大会では2017年に続き2019年でも4位を獲得したチェコは、今回の予選ではスーパーラウンドに進出して初のオリンピック出場をかける。チェコチームが世界舞台に出場したのは2016年のWBSC世界選手権大会(サレー)以来。サレーでは17位に終わった。今月は初めに行われたヨーロッパ選手権大会ではLucie Petraskovaが活躍し、打率.350 、11打点を記録した。投手陣を率いるのはVeronika Klimpova(18.1イニング投球、防御率2.95)、 Adela Linkova (11.1イニング投球、防御率0.00) 。

Italy’s Marta Gasparotto slides to avoid a tag by Kelebogile Lesesere of Botswana in the last World Championships.

ヨーロッパ選手権大会6位でWBSCソフトボール ヨーロッパ/アフリカ予選進出を決めたフランス。ラインアップのスターはKimane Rogron(.483) とCarrie Pitcher (.400)、一方、最初の2試合の先発投手はSarah Benchali と Chaline Galtner 。フランスは2016年のWBSC世界選手権大会(サレー)に出場し、2勝4敗で23位に終わった。

去る5月アフリカ王者に輝いたボツワナ。大陸選手権大会の決勝では南アフリカを8対1で下した。昨年の世界選手権大会では0勝で終わった。