チャイニーズタイペイがメキシコを2-1で下した。チャイニーズタイペイは1回裏に Lin Chia Hsuanが放った2点タイムリー三塁打が勝利打点となった。リリーフ登板のFeng Yu Hsuanは5回投球し、勝利投手となった。

メキシコは1回表走者二名を出すが点につながらず。7回表で同点チャンスまでもっていったが、覆すことができなかった。

記事全文

1回表に7点をいれるとそのまま日本は猛進し、プエルトリコに4回10-0で勝利した。

日本の打線は4つのエラーを利用しながら10安打を生み出し勝利を獲得した。後藤希友、山下千世が継投でプエルトリコを1被安打に抑えた。

記事全文

日本はこの日ダブルヘッダーでチャイニーズタイペイと戦い、5回9-0で完封勝利し、2勝目を挙げた。

先発坂本実桜はチャイニーズタイペイのラインアップを一掃し、4回わずか2被安打に抑えた。日本の1番打者・瀬戸口は3打数3安打、炭谷遥香はツーラン本塁打を含む3安打を生み出した。

記事全文

カナダは先発 Madelyn Hickingbottomの好投と堅実な守りと、数少ないながら確実な打撃でメキシコを4-0で破った。

メキシコの先発Yanina Trevinoは制球に苦しむが、窮地に陥った時に守備からの援護がうけられず点を食い止められなかった。

記事全文

オーストラリアは7回表にeorgia Hood とPhilippa Adkinsがベースヒットで 3点をいれて逆転し、中国を4-2で下した。

Hood はリリーフで4回投球し、わずか1失点におさえ勝利投手となった。

記事全文 

アメリカは今日も驚きのプレーを披露した。Megan Faraimoは今日も快投、2試合併せて21打者と対峙し、20奪三振を記録した。前大会優勝のアメリカはカナダを4回12-0で大勝した。

Jadelyn Allchin Curranが2回表にツーラン本塁打を放ち点差を広げた。

記事全文


super round day 1 standings