世界第2位の日本チームはアジア女子ジュニアソフトボール選手権大会決勝戦で第5位のチャイニーズタイペイを破り、不敗のアジアタイトルを獲得した。この勝利で日本チームは4度目のアジアタイトルを取得し、2019WBSC 女子ジュニアソフトボール世界選手権への出場を手にした。

日本に続き、2 位にチャイニーズタイペイ、3位に中国が位置づけ、アメリカのアーバインで優勝を争う。

優勝リーグ初戦で中国は開催国フィリピンを4-2で破り、アメリカのアーバイン 2019 WBSC世界選手権本大会出場を決めた。そしてチャイニーズタイペイは準決勝で中国を下して決勝に進出した。

日本チームの工藤カンナはトーナメントのMVPを獲得、ホームランとRBIでトーナメントの主役となった。

最終順位

1.日本

2.チャイニーズタイペイ

3.中国

4.フィリピン

5.韓国

6.マレーシア

7.タイ

8.インド