日本はベネズエラを5回10対0 で封じ、女子野球ワールドカップ連勝記録更新のままスーパーラウンドを終了した。日本は、女子野球ワールドカップで29連勝無敗のまま金曜日の決勝に駒を進める。

雷と雷雨のため、試合は2時間以上遅れて始まった。

1回裏一死、日本は中田友実と三浦伊織がベネズエラの先発Kisbel Vizcayaから連打を奪う。川端友紀の四球出塁で満塁。緒方佑華のベースヒットで先制の1点。田畑凛々華が2点タイムリー2塁打で3対0にリードした。

さらに2回裏日本は三浦伊織がバントからの強気の走塁にはじまり田畑凜々花の2点タイムリー、阿部希のタイムリー二塁打など、一気に大量の5点を入れる。

4回裏二死、日本はリリーフのMilanyela Cortezから吉井温愛のタイムリー、満塁からの死球押し出しでさらに2点を奪う。

日本は石村奈々が3イニング投球、その後大野七海、田中露朝、坂原愛海の継投リレーでベネズエラを封じた。

Venezuela’s Ingrid Escobar and Yuneiby Acacio chase a ball in foul territory and