世界ランク首位日本とホストのチャイニーズタイペイが明日8月4日(日)のWBSC U-12 野球ワールドカップ決勝でいよいよ対決する。

日本は延長7回激戦の末8-7 で韓国に勝利し、最後のメキシコ戦を待たずに決勝進出を決めた。

金曜日の試合では韓国は4対1で日本にリードした3回で、雨のため試合は延期になった。3日に再開された試合では日本は5回裏同点に追いついき、延長7回でバントと叩きつけるような一塁へのヒットで勝利した。

記事全文

韓国はその日早くキューバとも戦い、10対8で敗れた。

6対4の韓国のリードで迎えた6回表、キューバはChristian Saezがツーランタイムリーを叩き込み逆転した。

記事全文

韓国が敗戦したことにより、スーパーラウンドあと2試合を待たずにチャイニーズタイペイの決勝進出も決まった。

日本はチャイニーズタイペイと U-12 野球ワールドカップの決勝で王者を決める。世界3位の韓国と5位キューバが3位決定戦を行う。

惜しくもメダル争いからは敗退したが、メキシコは今日接戦で日本を8-3で破った。

日本は早くも先制点を入れるが、4回表に守備エラーでメキシコに逆転チャンスを与えた。

Juan Zavarceが5.1イニング投球し勝利した。

記事全文

チャイニーズタイペイは6対0のベネズエラリードを逆転し、14-6で勝利して U-12 野球ワールドカップのスーパーラウンド最終戦を終えた。

記事全文