7月23日から27日までオランダのユトレヒトで行われる東京オリンピック2020のソフトボール・ヨーロッパ/アフリカ大陸予選の取材許可証申請受付が開始しました。申請の締め切りは7月18日(木)です。

 

東京オリンピック2020のソフトボール・ヨーロッパ/アフリカ大陸予選の取材を希望する地元・国内、海外のメディア関係者の方は、WBSCメディア取材許可証申請ページ(my.wbsc.org)よりお申込みください。

発行された取材許可証は大会前のプレ記者会見か、7月23日以降はSportpark de Paperclipにて受け取り可能です。

東京オリンピックへの道

第32回オリンピック 東京2020のソフトボール・ヨーロッパ/アフリカ予選に出場するのは8チーム。アフリカ大陸からはボツワナと南アフリカが出場。ヨーロッパ代表の6チームは、6月30日から7月6日までチェコとポーランドで共同開催される女子ソフトボールヨーロッパ選手権大会の最終順位で決定します。

ヨーロッパ/アフリカ大陸予選は、抽選で2グループに分かれ、7月23日から25日に総当たり戦の予選リーグが行います。各グループの上位2チームがスーパーラウンド(7月26日~27日)へと進み、この大会の優勝チームが東京オリンピック2020への出場権を獲得します。

グループ分けの抽選会はローザンヌのWBSC本部にて2019年7月10日に行います。

詳細情報

 映像・画像等の権利を有さないメディア(以下NRH) 各社向けガイドライン

NRH各社のテレビ・ラジオ報道について

 

  • WBSC ベースボールワールドカップは権利を有する会社のみに試合の映像(音声またはビデオも)の放送が許可されています。
  • NRH各社につきましては公式練習、試合前後のセッション、ミックスゾーン、記者会見、開幕式・閉幕式などでの取材が可能です。
  • 取材許可はプレス、カメラマン、ラジオ、テレビなどカテゴリーごとに発行され、取材可能範囲もそれぞれに定められています。
  • カメラマンとNRHのテレビクルーはビブスの着用が義務付けられています。