300人以上のジュニア男子ソフトボール選手たちがチェコ、デンマーク、イスラエル、ニュージーランドの4か国から集まり、5月10日から12日までのプラハのマイク・ステイプルトン記念トーナメントに3つの年齢部門にわかれて参加した。このヨーロッパ最大のジュニア男子ソフトボール大会では計24チームがU-13、 U-16、 U-19の3部門にわかれそれぞれ勝者を決定した。

4回を迎えるこの大会は Joudrs 国際カップと呼ばれていたが今年度よりマイク・ステイプルトン記念トーナメントに改名された。

この大会の新しい名称はWBSC ソフトボール殿堂表彰者のマイク・ステイプルトンにちなんでつけられたもの。ステイプルトン氏は生涯ソフトボールを愛し、チェコ、グアテマラ、アルゼンチン代表チームの監督も務めた。ステイプルトン氏は2015年に殿堂入り果たしたがその数k月後に他界した。

U-19 部門ではHroši Havlíčkův Brod が優勝。

16歳以下の部門ではイスラエル2チーム出場のうちの一つWarriors Whiteが優勝を獲得した。

13歳以下の部門ではŽraloci Ledeniceが勝利した。