7月15日(月)にスリランカで開幕した西アジア野球カップでは、出場6チームのうち上位2チームが今年の終わりにチャイニーズタイペイで開催されるアジア選手権大会への出場権を獲得する。

6チームは2グループに分かれて予選リーグをおこなう。

グループAはスリランカ、インド、ネパール、グループBはパキスタン、イラン、バングラディッシュ。

West Asia Baseball Cup: the schedule

試合1日目ではホスト国のスリランカが9回裏リードし、2度の守備エラーも克服してインドを2対1で下し勝利した。スリランカの先発投手Silva は5.2回投球、わずか3ヒットに抑えた。

1日目の第二試合ではパキスタンがイランに11対1で圧勝した。

2日目、スリランカはネパールに13対0、悪天候のため5回コールドで勝利した。パキスタンはバングラディシュを17対0で下した。

2日目までの成績は以下の通り

グループA スリランカ(2勝0敗)、インド、ネパール(0勝1敗)

グループB パキスタン(2勝0敗)、イラン、バングラディシュ(0勝1敗)

スリランカとパキスタンはすでに7月18日(木)の準決勝への進出を決めた。

インド対ネパール、イラン対バングラディシュの試合で、メダルラウンド進出の残りの2チームが決定する。

決勝は7月20日(土)に行う。