イタリア視覚障碍者のための野球選手権大会が3 月16日(土)にイタリアのSassari(サッサリ)州 サルデーニャ島(Sardinia)にあるLi punti(リ プンティ) 球場で開幕される。開催地のタイガース・カリアリ(Tigers Cagliari)は ロンバルディア(Lombardia)州のミラン サンダーズ ファイブ(Milan Thunder’s Five)と戦う。

翌日にはサンダーズ・ファイブ(Thunder’s Five)はSassariでシチリア島のカターニャ(Catania)のチーム、トゥルポス (Thurpos)と対戦し、さらに2つの試合、フィオレンティーナ(トスカーナ州)対 ローマ(イタリアの首都はラツィオ州にある)と ウンブリア(Umbria)州のレッドスキン(Redskin)対エミリアロマーニャ州のボローニャ・ホワイトソックス(White Sox)の対戦がペルージャで予定されている。

最初の週末には11参加チームのうち7チームが対戦する。残りの4チームは全大会の優勝チーム、パトリーニ(patrini)・マルナーテ(malnate)、ランピ(lampi)・ミラノ(Milano)、レオネッサ(leonessa)・ブレーシャ(Brescia)、この3チームは全てロンバルディア州、そしてスタランザーノはイタリア北東部のフリウリ ベネチアジュリア州からの参加だ。

公式戦の終わり6月30日には、トップの4チームが準決勝を行い、勝者が決勝に進む。そして順位決定戦は7月6日と13日の2つの週末に予定されている。

公式日程

イタリアはAIBxC(Associazione Italiana Baseball per Ciechi イタリア視覚障碍者野球協会)のおかげで、1997年以来、視覚障碍者のためのオリジナル版の野球が開発された。2019年の選手権大会はLIBCI(Lega Italiana Baseball Ciechi ed Ipovedenti イタリア盲人及び視覚障碍者野球連盟)によって開催され、Italian Baseball Softball Federation(FIBS) イタリア野球ソフトボール連盟によって認可されている。

関連記事

アメリカとヨーロッパにおける視覚障碍者野球