スイス ローザンヌで開催された第38回オリンピックウィークの8歳から15歳の子供のプログラムの30のスポーツの中に野球とソフトボールが導入された。

野球とソフトボールステーションの5日間行われたイベントに毎日200人以上の子供達が参加した。これは約1000人の子供達に野球とソフトボールを体験してもらったことになり、2017年に比べて顕著な進歩がみられた。第37回オリンピックミュージアムの試みには675人の子供達が野球とソフトボールのプログラムに参加している。

スイス野球ソフトボール連盟の指導員、Taylor Eichhorstは、このプログラムをキャッチボール、t-ボールを打つ、バッティングケージ使うという3つの段階にわけて構成した。彼はカナダのサンダーベイで開催された、U-18ベースボールワールドカップでボランティアを務めたCody Bradt、Rohit Rameshと地元のクラブ、ローザンヌ・インデイアンズからきたボランティアのグループの支援を受けた。

 

WBSC instructors and administrators at the Olympic Week

 

関連記事

ベースボール、ソフトボールが加えられた  オリンピックウィーク

ベースボール、ソフトボールがデビュー  第37回