マイク・トラウトが野球史上、そしてプロスポーツ史上最高となる総額4億2600万ドルで契約延長することになりそうだ。27歳スーパースター外野手のトラウトはメジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルス2014年に6年1億4450万ドルの延長契約を結び、2020年シーズンに契約期限を迎えていた。

2020年までの2年総額6650万ドルの契約をエンゼルスと残していたが、それに10年総額3億6000万ドルが上乗せされるため、2030年まで4億2650万ドル支払われる。

2008年にアレックス・ロドリゲスがヤンキースと結んだ契約が10年2億7500万で最高記録だったが、今年の2月マニー・マチャドがサンディエゴ・パドレスとFA契約史上最高額の10年3億ドル契約を結んでその記録を破り、その数週間後にはブライス・ハーパーがフィラデルフィア・フィリーズと13年3億3300万契約で記録を塗り替えていた。

平均年俸でみればサッカーのスター選手などでトラウトより上の選手はいる(総額4億2600万の記録はトラウトの方が上)が、野球史上では、トラウトの平均年俸3554万ドルはザック・グレインキー(アリゾナ・ダイアモンドバックス、3440万ドル)を超え最高額となった。

マイケル・ネルソン・トラウトは1991年8月、ニュージャージーに生まれ。2009年高校卒業と同時にロサンゼルス・エンゼルスにドラフト入団。2011年8月メジャーリーグデビューを果たした。シルバースラッガー賞6回、アメリカリーグMVPに2度(2014年、2016年)選出。オールスターチームにも7回入った。

マイク・トラウトはアメリカ代表チームで2010年パンアメリカン予選(プエルトリコ・サンフアン)に出場した。エリック・ホスマーやマイク・ムスターカスといったビッグリーガーとともにオールトーナメントチームにも選ばれている。