【中国 杭州】 アジアオリンピック評議会(OCA)調整委員会は、次のアジア大会杭州2022のプログラムで野球ソフトボールを維持した。

中国杭州で行われるアジア競技大会2022で野球とソフトボールの大会が再び開催されることが決まり、野球とソフトボールの世界的な人気がまた一つ認識された

先月のパンアメリカン競技大会での野球とソフトボールの成功に続いて、アジアのオリンピック評議会による2022年のアジア競技大会の決定は、このスポーツの世界で最も愛されるスポーツ競技の1つとしての急速な成長を示すものだ。

リッカルド・フラッカーリ会長は「WBSCは、2022年のアジア大会で野球ソフトボールに注目したOCAの決定を称賛します。アジアには、世界ランキングのトップ国が数多くあります。私たちのスポーツは世界中で参加と人気が高まり続けているため、このプログラムの永続性は、アジア大陸が国際野球ソフトボールでリーダーシップを発揮するのに大いに役立つでしょう。」

ソフトボールは、過去7回を含むアジア大会の8つの大会で取り上げられているが、野球は1994年以降、すべてのアジア大会に全大会参加している。