第32回オリンピック 東京2020 WBSC 野球 ヨーロッパ/アフリカ予選3日目の記事まとめ。各記事から記事全文、スコア、選手成績、写真にリンク可能。

3日目は9月18日に雨天で延期された南アフリカ対イタリアの試合の再開から始まった。

イタリアは10回表に大量の6点をリリーフBradley Erasmusから奪い、南アフリカを 10-4で下した。地元パルマ出身でシカゴ・カブスのマイナーリーグの Matteo Bocchi が9イニング投球で勝利投手。

記事全文

今大会のカギとなる試合で、イスラエルはイタリアを8-2で破った。2対2の同点で迎えた8回表、イタリアの守備が崩れてイスラエルは大量の6点を入れ、大きくリードを開いた。

イスラエルは唯一無敗のまま、東京オリンピック2020へまた一歩大きく近づいた。

記事全文

オランダは頼れるベテランの先発Rob Cordemans のおかげでスペインを 6-2で下した。Yurendell Decaster が首位打者、二塁打と2点タイムリーで2安打を記録した。

記事全文

チェコは南アフリカに8回11-1で大勝し、今大会初勝利を記録した。先発Boris Bokaj は7イニングを堅実に投げ、一塁手Daniel Vavrusaは4回に勝ち越しの二塁打、Martin Muzikのサヨナラ満塁本塁打で勝利を決めた。

記事全文