【中国-深圳市】 U-15ユース中国代表はパキスタンを5対2で破り、8月19日から25日開かれているWBSC U-15野球ワールドカップ2020予選で, 2019 BFA U-15アジア野球選手権大会を正式に開幕した。

アジアの強豪国であるチャイニーズ・タイペイと日本は、それぞれの対戦相手である香港とフィリピンに対してノーヒットの完封勝ちだったが、韓国はインドネシアにわずか1安打を許すのみの27対0で圧勝した。
国際的な友情とスポーツの証しとして、日本と韓国の選手、チャイニーズタイペイと香港の選手が記念に集合写真を撮影した。

1日目のスコア

  • 中国 5対2 パキスタン
  • 韓国 27対0 インドネシア
  • チャイニーズタイペイ 18対0 香港
  • 日本 3対0フィリピン

2日目は、グループBのチャイニーズ・タイペイと日本の対戦に火花が散る。(See 全スケジュール)

アジアの優勝国および準優勝国は、ヨーロッパの優勝国ドイツと準優勝国のイタリアがすでに予選進出決定している.

WBSC U-15野球ワールドカップ2020 –大陸代表

  • アフリカ (1):
  • アジア (2):
  • アメリカ大陸 (5):
  • ヨーロッパ (2): ドイツ、オランダ
  • オセアニア (1):
  • ワイルドカード (1):