韓国はオーストラリアに対して痛い負けを被った後、カナダを8-5で負かした。強靭な打順であったのにもかかわらず、それはカナダにとって最初の負けだった。カナダは17打数対韓国の13打数で韓国を上回っていたが、先発投手Theodore Millas は一回裏ノーアウトでで6点を許した。

この試合の始まりはカナダにとって本当の悪夢だった。ライトのLee Juhyeongは、二塁打を放ち二塁手の Kim Jichanがバントでベースヒット。韓国は再び単打で押し、3 塁手ののShin Junwooもバントでベースヒット。韓国はそれを最大限に活用した。ショートの Park Minと指定打者のNam Jiminがそれぞれ一塁打を打ち、レフトのPark JuhongMillasにタイムリーツーベースをダブルで見舞った。

Submarine Korean starter Lee Kangjun

8対0で、カナダは6回表で先発のLee Kangjunを捕えた。Leeはこれまで支配的で、好ピッチを見せていた。しかしながら彼はレフトのCésar Valero Sanchezと一塁手Noah Hullに連続の一塁打を打たれ、その後、満塁で歩かせてしまった。
その後、二塁手のElijha Hammillは1安打でカナダへ最初の一点を記録し、Lee Kangjun はリリーフのLee Seunghyuに交代した。
Lee Seunghyuは最初の打者を三振で倒すが、2タイムリーツーベースを センターのDasan Brownに許してしまった。

カナダは突然逆転のチャンスがあると感じた。8回表、Hammill、Micah Mc Dowell、Dasan Brownが連打で、リリーフのChoi Junyongから満塁のチャンス。Tyrell Schofieldが同じく一塁打で8対4に持ち込んだが、このイニングは韓国のRyan Leitch によるライナーで終わった。Park Miはすぐに球を返し、二塁のMc Dowell をダブルアウトにした。

カナダは、さらに3ヒットでゲームを9回表に同点に結びつけるランナーを送った。Hammillは二塁打で5点目を入れたが、ランナー二塁、三塁のままで先頭打者のMc Dowellの二ゴロがアウトとなり、ゲーム終了した。