U-23男子野球メキシコ代表チームは、日曜の夜、バランキージャ、コロンビアのスタジアム エドガー・レンテリアの7000人のファンの前、WBSC U-23ベースボールワールドカップ2018の決勝戦で、それまで過去無敗だった日本に勝ち、自国初の公式野球世界選手権大会優勝を手にした。

WBSC U-23ベースボールワールドカップ、今年度最高峰の代表チームが戦う/国際野球大会は、Claro Sportsによってメキシコで生放送された。

メキシコのソーシャルメディアは有名人、アーティスト、作家、ミュージシャン、政治家、主要なニュースネットワーク、ジャーナリスト、他のスポーツの選手やクラブ、ツイートなどで、メキシコのU-23代表チームの2対1、10回の延長戦での勝利を祝う祝辞で湧きあふれた。

Diario Record、El Universal、ESPN Mx、Medio Tiempo、Multimedios Deportes、Televisa、Univisionを含むメキシコの最も重要なメディアは、数百万のソーシャル・メディア・フォロワーと受信契約者に歴史的勝利のニュースを流した。

メキシコの億万長者Alfredo Harp Heluは、「メキシコU-23代表チーム決勝で日本を敗り、10イニングで2-1とした。」とツイートした。

”Liga MXサッカークラブTigres UANLは、「誰かメキシコ人が成功すれば私達はいつも誇りに思うが、世界一になったとなると、喜びはひとしおだ。」とツイートした。

Footballers from the Liga MX Women also liked and/or retweeted WBSC U-23 Baseball World Cup content following Mexico’s win.

Liga MX Womenのサッカー選手たちも、メキシコの優勝に関するWBSC U-23 Baseball World Cupの内容をいいね!にしたり、再ツイートした。

メキシカンリーグLiga Mexicana de Beisbol(LMB)のCEO、Javier SalinasとLMBのクラブは、歴史的な成果についてチームと選手を称賛した。メキシコ野球連盟(FEMEBE)のメキシコU-23ナショナルチームは、同国のトップクラスプロ野球リーグであるLMBの選手によって構成された。

WBSC会長リッカルド・フラッカーリとバランキージャ市長Alejandro Chaの両者はWBSC U-23ベースボールワールドカップの決勝戦を観戦し、彼らへの祝辞をツイートした。

著名人達で目立ったツイートの中には、メキシコの身体文化とスポーツのための全国委員会(CONADE)、有名なスポーツジャーナリストInes Sainz、WWE(アメリカのプロレス団体)のSin Cara、ACオモニアのフットボール選手、オリンピックの金メダリスト、Jorge “Chatón” Enriquezなどがいる。.

Twitterの分析によると、U-23野球ワールドカップ中(10月17-29日の告示期間)にWBSCのソーシャルメディアのインプレッション数が1,593.5%増加し、プロフィール訪問数が1,795.0%増加した。

最終的な試合結果の発表は、WBSCのFacebook上で最も人気のある投稿の1つであり、大会中の投稿には10,000件以上のシェアと48,517のいいね!が上っている。

アンドレス・マニュエル・ロペス・オブラドル(Andres Manuel Lopez Obrador)大統領がメキシコのこのスポーツを促進させることを約束したこともあって、メキシコの野球人口が増え、人材が育っていくことが予想される。メキシコは現在 WBSC野球世界ランキング6位にランクされている。