オランダは南アフリカに4回11対1で快勝。オランダの打撃は12安打(うち二塁打5)の成績。勝利投手はIlona Andringa、Grivonna Rhodaは敗戦投手となった。

1回オランダが先制リード。先頭のBritt Vonkがシングルヒットで一塁に出ると、みなみアフリカの先発 Grivonna RhodaからDinet Ostingがタイムリーを放った。

2回オランダ打線は計6安打。Virginie Anneveldが3点タイムリー、Ostingが2点タイムリー、Wies Ligtvoetがタイムリー二塁打を放ち一挙に8点を入れた。

3回さらにオランダは点を重ね11対0にリード。Vonk、 CharlesとAnneveldの三打者がそれぞれ二塁打を放った。

4回南アフリカが完璧なIlona Andringaの投球を崩した。Wilmadi Besterがバントを打つとオランダ先発Wilmadi Besterが外野に送球するというミスを犯した。南アフリカのWilmadi Besterが本塁に還り今大会初得点を決め、11対1となった。

この試合では開始前にユトレヒトのJan van Zalen市長による始球式が行われた。