【オーストラリア・シドニー】オーストラリア・ソフトボール連盟は17日、今年度の世界最高峰の大会であるWBSC女子世界ソフトボール選手権大会、男子ジュニアソフトボール選手権大会に出場する選手を発表した。

8月1日から12日まで日本の千葉で開催されるWBSC女子世界ソフトボール選手権の前哨戦として、アジア・パシフィックカップでは世界4位のオーストラリアは、決勝で世界2位の日本に3対0で負けたものの準優勝を果たした。

この試合のあと、ヘッドコーチのファビアン・バーロウ氏は選手リストの最終調整をおこなった。2018年オーストラリア女子だいひょうは全部で17名。そのうち7選手は2016年カナダで行われたWBSC世界選手権には出場していなかった。

オーストラリアはアメリカと並んで過去のオリンピックでメダル獲得歴があり、これまで銅メダル三つと銀メダル一つを獲得している。オーストラリア代表チームは2020年のオリンピックでも5回目のメダル獲得を目指す。

 

WBSC女子世界ソフトボール選手権はオーストラリア女子代表チームにとって2018年の主な目標の一つだ。オーストラリア代表チームはオリンピック出場を目指し千葉の選手権大会に臨む。選手権大会で優勝すればオーストラリアで開催した1965年での勝利から2度目の優勝を果たすことになる。

世界女子ソフトボール選手権への練習の一つとして、オーストリアはアメリカプロソフトボールリーグの国内プロファストピッチの次のシーズンにも出場する。

2018 オーストラリア女子代表選手

  • Amelia Cudicio
  • Chelsea Forkin
  • Leigh Godfrey
  • Stacey McManus
  • Kaia Parnaby
  • Samantha Poole
  • Stacey Porter
  • Ellen Roberts
  • Justine Smethurst
  • Carmelle Sorensen
  • Tarni Stepto
  • Taylah Tsitsikronis
  • Jade Wall
  • Clare Warwick
  • Belinda White
  • Tamieka Whitefield
  • Melinda Weaver

オーストラリア男子ジュニア出場選手

オーストラリア・ソフトボール代表チーム(世界5位)は2018年U-19であるジュニアチームの選手も発表した。WBSC世界男子ジュニアソフトボール選手権は7月7日から15日までカナダのプリンスアルバートにて開催する。

選出された選手のうち4選手は選手権大会二度目の出場。 Blake Jackson、Shaun Lanaghan、Michael Ludkin 、Jett Wrightはアメリカのミッドランドで開催した2016年のWBSC世界男子ジュニアソフトボール選手権に出場した。この大会ではオーストラリアは6位に終わった。

オーストラリアの男子ジュニアチームは4回連続世界優勝記録を保持している。

2018年U₋19 オーストラリア男子代表チーム選手

  • Josh Bond
  • Jacob Donaldson
  • Jarred Garland
  • Matthew Harrow
  • Blake Jackson
  • Riley James
  • Bradley Kilpatrick
  • Ryan King
  • Shaun Lanaghan
  • Michael Ludkin
  • Bolton Nussbaum
  • Christopher Plain
  • Layton Reid
  • Keenan Smith
  • Dawson Summers
  • Jeremy Waters
  • Jett Wright

チームスタッフ

ヘッドコーチ: Laing Harrow

アシスタントコーチ: Darrin Hebditch

アシスタントコーチ: Adam Rindfleish

チームマネージャー: Mike Titheradge

ビデオ分析担当者 Tony Mackie

理学療法士: Bernie Simai