【東京】WBSC女子ベースボールワールドカップ5連覇更新中の日本(2008年、 2010年、 2012年、 2014年、 2016年)が、2018年8月開催の同大会に向け代表チーム選考トライアウトの第2次審査合格者 30名 を発表した。うち17名の選手は代表選手経験者だ。
女子ベースボールワールドカップで2回連続MVPに輝いた里綾実の名前がリストに入っていない。
最初の強化合宿は2月23日より宮崎県日向市にて開始される予定。
今回の第1次審査では動画審査を行い、マドンナジャパン代表チームの橘田恵監督がその中から95名を選出しその中から11月と12月に第2次トライアウトを行い選出した。
第8回目を迎える女子ベースボールワールドカップは8月22日から31日までフロリダのヴィエラ市にてUSSSAの新たな本拠地・USSSAスペースコーストコンプレックスにて開催。
マドンナジャパンはワールドカップ21連勝の記録を引っ提げてヴィエラに乗り込む。