スーパーラウンド2日目、1回表からQuianna DiazとCarsyn Gordon の本塁打連打するなどプエルトリコは打線を爆破させ、5回7対0でブラジルを下した。

プエルトリコは試合序盤から長打でリード。1回表、一番打者のQuianna Diazが2球目をしっかりと捉えてライトを突き破る本塁打を放った。さらに2球後、Carsyn Gordonがセンターに放ったライナーがフェンスを超え2対0とした。

2回表、プエルトリコは打線を伸ばし、Yahelis Muñoz の2ラン本塁打とDiazの2点タイムリーなど5点を加えた。

Meghan Kingは5イニング投球で完封、6奪三振2被安打で今大会初めての勝利。

明日プエルトリコは午後1時よりベネズエラと戦い、WBSCアメリカ大陸予選の最後の試合を行う。ブラジルはカナダと午後3時30分より対決。

キューバはベネズエラを制す

キューバはベネズエラを2対1で下し、スーパーラウンド1勝目を記録した。ベネズエラは9安打を生み出しキューバの4安打を凌いだ。

ベネズエラは1回表に唯一の得点を入れた。 先頭からElia Infanteが二塁打、Maria Sotoがシングルで走者一、三塁のチャンスを作る。しかし、Denisse Fuenmayorのヒットで、Infanteが三塁から生還して1点入れたが、ダブルプレーに終わった。

1回裏キューバが同点。先頭 Elizabeth Robert がレフト二塁打、Diamela Puentesのバントで進塁。 Yarianna Lopezのショートゴロで生還した。

2回裏、キューバはLeannelys Zayasがシングル、二ゴロとピッチャーゴロで三塁に進塁。Aleanna de Armas のバントを放つと、Mirian Jimenezが本塁でZayasを仕留めようとするが、送球エラーでZayasは難なく生還し勝ち越した。これがこの試合最後の得点だった。

6回表、ベネズエラは一死満塁のチャンスを掴む。しかし残りの2アウトをLopezが Tornes とサークルを交代して二ゴロ(本塁でランナーをフォースアウト)と二塁へのフライで仕留めた。