アメリカがチャイニーズタイペイに5回7-0で勝利し、完封記録をまたひとつ加えた。
チャイニーズタイペイの守備も果敢なプレーでアメリカ打線にプレッシャーをかけたものの、数字に現れなかった。アメリカは1回裏Charla Echolsの犠牲フライとJasmine Freedの本塁打でリードすると、そのままチャイニーズタイペイを引き離し続けた。

2回表、アメリカ先発Alexis KilfoylからChiang Ting Enがシングルヒットを放ち一塁に到達、Chan An Hsinのバントで二進。しかし二塁手のSkylar Wallaceが一塁送球のファインプレーで刺し、その後チャイニーズタイペイは二塁以上に塁を進めることができなかった。
1回裏、Wallaceは四球を選んで出塁すると、二盗、暴投で三塁まで進む。After Echolsの犠牲フライで先取点を入れた。そしてショートのJasmine Freedがチャイニーズタイペイの先発 Lin Chia Ying に右翼への本塁打を浴びせ2対0にリードした。

この回の終わりにはチャイニーズタイペイは二塁手Yu Jia Lingと捕手Lin Chia Hsuanが完璧な二塁への送球で盗塁くい止めるファインプレーを披露した。
チャイニーズタイペイの守備には乱れがあり、4回裏 リリーフ Kelly Lynchの浅いレフトフライをうまく処理できず、アメリカにさらに2点を許した。
5回裏、アメリカはJadelyn Allchin-Curranの二塁打など合わせて4安打を生み出し、7点差コールドで試合が終了した。