ハブリチクーフブロドで行われた今日の第1試合でメキシコはボツワナを5対3で下した。

1回捕手Thabiso Radithobaneが三つ目のストライクを捕球できず、悪送球でLenny Villalvazoも生還、さらにMarco Antonio Gonzalezがモンスター級の3ラン本塁打を放ちメキシコは一気に4点リードした。

5回表ボツワナは二四球、一死球で満塁から、ダブルプレーとEric Simwanzaのタイムリーで2点を返した。

しかしその裏、メキシコはJulio Cesar Rodriguezのタイムリー二塁打で1点を加える。こ試合最後の得点はMazulugwaのフィルダーチョイスプレー。

7回表二死、Radithobane が四球で歩き、Mazulugwa がレフトへ長打を放つが、レフトのAlan Salgadoがこれをキャッチし試合が終わった。

ボックススコア

Adam Folkardと Layton Reidが6イニングを無安打に封じオーストラリアは南アフリカに6回コールド勝利

Adam Folkardと Layton Reidが6イニングを無安打に封じオーストラリアが南アフリカに6回11対0で完封した。これでオーストラリアは4勝1敗となった。オーストラリアは3回まで打線がのびなかったが、その後Hayden Mathewsが2本の本塁打を放った。

先発のFolkardは3回まで、8奪三振、無安打で相手チームを抑え、4回表、オーストラリアの打撃陣が長打で援護した。Scott Patterson はストライクゾーンの変化球を捉え、今大会2号の左越えソロ本塁打を放った。さらにMathewsもレフトに本塁打を放ち3対0。さらに5回満塁チャンスからPattersonが2点タイムリーを放ち2点を加えた。

6回オーストラリアの打線は爆発し、Mathewsが2本目のソロ本塁打、Joshua Whiteが3ラン本塁打を放ち勝負が決まった。

この結果、オーストラリアは4勝1敗、南アフリカは0勝5敗の成績。

ボックススコア