プエルトリコは本日、ベネズエラを4-1で破り、WBSCソフトボールアメリカ大陸予選を終了した。Carsyn Gordonのツーランホームランが、勝利を決定づけた。

2-0.最初の2回で、プエルトリコは三塁に走者を置いたが、両方共、Desiree Ybarraが三振を奪い危機を逃れた。しかし、3回では、左腕投手は危機を避けることができなかった。Elicia D’Orazioがをバントし、Carsyn Gordonが流し打ちで2ランホームランを放ち2-0のリードをとった。

ベネズエラは、4回表で1点を入れた。 Denisse Fuenmayor と Ana Coscorrosa は連打で無死走者を一、三塁に置いた。Xeana Dungは次の2人の打者をフライと三振でアウトにしたが、Jocelin Diazがライナーをピッチャーの左膝にあて、ベネズエラは最初で最後の一点を入れた。

Jena Cozzaは、チームに5回裏で3得点のリードをもたらした。プエルトリコはQuianna Diazの一塁打とGordon and Alessia Ocasioが歩いて満塁にした。Michelle Floyd が Ybarraを交代したが、コザは流し打ちのライナーを放ち、ディアスとゴードンを帰還させ、試合を4-1にした。

2回の登板で一安打と奪三振のTaran Alveloが勝ち投手。Dungは2回をリリーフしたが、一失点、4安打で降板、Ocasioは3回に6奪三振し試合を終了した。

ハイライト

6回裏、2人のソフトボールのレジェンドが素晴らしいキャリアに終止符を打った。2008年北京オリンピックのMaria Soto と Denisse Fuenmayorはベネズエラ代表チームを引退し、スタンディング・オベーションを受けた。2人の華麗なキャリアの華々しい終幕となった。