Danielle Lawrie とJenna Caira が継投で4回8奪三振の完璧な投球でグアテマラに19-0 で完勝した。カナダは8点ずつ入れた二つのビッグイニングで今大会2勝目を記録した。

カナダは1回表猛烈な攻撃で8安打8点。Kelsey Jenkinsの2ラン

2回表にはカナダは Janet Leungがタイムリーを放ち1点のみを加えたが、3回表さらにJenkinsとJennifer Gilbertが連打で出塁し、守備エラーで得点するなどさらにリードを開いた。
4回表、カナダはJenn Sallingの2点二塁打、enkinsの二塁打など7安打を生み出した。 Jenkinsはこの試合4安打(2二塁打)3打点、3得点。
Daniele Lawrie は8人の打者のうち、最初の5人を立て続けに、計7人を三振に倒した。Daniele Lawrie は6回二ゴロを打たれ、降板した。Jenna Caira は最後の4つのアウトを請け負い1奪三振を記録。今大会2度目の無失点を記録した。
カナダは無傷無敗のまま、明日は午後6時よりプエルトリコと対戦する。この試合の勝敗が大会の順位に影響することになりそうだ。グアテマラはキューバと3時30分より戦う。