womens-baseball-logo

 

【スイス・ローザンヌ】世界野球ソフトボール連盟(WBSC) は2年毎に開催される女子野球の世界一を決める女子ベースボールワールドカップの新しい公式ロゴを発表した。

LGがタイトルスポンサーとなるLG提供WBSC女子ベースボールワールドカップ2016in機張(韓国)は9月3日~11日に釜山市機張郡で開催予定。後日発表のブランでイングとともに今大会で初めて新ロゴを使うこととなる。

韓国の大手電化メーカーLGエレクトロニクスが2016年第7回WBSC女子ベースボールワールドカップ2016の公式タイトルスポンサーに先日決定したばかり。

新しい公式ロゴとブランディング

新たなWBSC女子ベースボールワールドカップのロゴは打者をイメージしたエネルギーあふれるデザインで、バットを今にも大きくスウィングしそうな動きが表現されている。

このデザインはイギリスの大手イベントブランディング会社「WORKS」によるもので、WBSCが開催するベースボールワールドカップ( U-12、U-15、U-18、U-23 、女子)すべてを統一したブランディングやシステムにあわせた。今回の新たなロゴの発表は、U-18ベースボールワールドカップとフラッグシップ大会・プレミア12の公式ロゴ発表に続くもの。

WBSC女子ベースボールワールドカップ2016in機張の新しい公式ブランディングなどは後日発表予定。

各国代表チーム

LG提供WBSC女子ベースボールワールドカップ2016in機張では、2014年に宮崎で開催された第6回の8カ国参加から新たに大会フォーマットが変わり、今大会では12カ国に拡大して各国代表チームが世界一に挑む。

南北アメリカ (4カ国) カナダ、キューバ、アメリカ合衆国、ベネズエラ

アジア (6カ国) チャイニーズタイペイ、香港、インド、パキスタン、日本、韓国

ヨーロッパ (1カ国) オランダ

オセアニア (1カ国) オーストラリア

日本の女子野球代表「マドンナジャパン」は4度の連続優勝をかざり、現在WBSC女子野球世界ランキング首位。

2位のアメリカ合衆国は第一回パンアメリカン競技会2015女子野球部門での優勝タイトルを携えて機張へ向かう。

3位オーストラリア女子代表「エメラルズ」は第6回WBSC女子ワールドカップ準決勝でカナダを破り3位に輝いた。

パキスタン代表チームは今大会でデビュー戦となる。

「野球競技が世界レベルで成長しつづけ大きく飛躍するときがきました。オリンピック競技の種目に正式に決まればさらに各国代表チームが戦う野球大会は観客をひきつけるでしょう。そのためにもクラブ選手権とは一線を画し、ベースボールワールドカップ全てに共通・統一したインパクトの強いかつ認知度の高いブランドを確立しなければなりません。」とWBSCのリッカルド・フラッカーリ会長はコメントしている。

韓国の国内大手テレビ局SBSが独占放送権を持ち、韓国国内での大会を放送する。