Josh Whiteの勝ち越し本塁打で、オーストラリアは世界男子ソフトボール選手権大会で7位に決まった。オーストラリアはチェコを2対1で下した。左腕のベテラン Andrew Kirkpatrickは3被安打、1失点のパフォーマンスだった。

2回裏オーストラリアが先制。二つのエラーで立て続けにCallum Beashell とBrendon O’Byrneが塁に出塁、無死走者一、二塁。 Nick Nortonの犠牲フライでBeashellが還り先制点を入れた。

3回表チェコは、二死からVaclav Svobodaが右中間へ三塁打を放ち、David Mertlのタイムリーで1点をいれ、1対1の同点。

1対1の同点のまま迎えた5回裏、White が本塁打を放ち勝ち越した。

惜しくも敗戦投手になったがJoskaは力投し、4回投球でわずか2被安打、2失点、3奪三振、2四球。

オーストラリアは今大会最終順位は7位。過去最低順位は2000年の12位だった。チェコは8位に決まった。

ボックススコア