ニュージーランドは世界男子ソフトボール選手権の準決勝に進出、前回の優勝チームの地位を守るために生き残った。今日、彼らは準決勝に進出するために、ライバルであるオーストラリアを逆転の7-4で下し勝利した。明日、彼らは世界選手権大会優勝をかけて日本と対戦する。

オーストラリアは試合の前半で4-1のリードを奪ったが、スター投手のAdam FolkardとAndrew Kirkpatrickは5回表で6失点を余儀なくされ、リードを守ることができなかった。

3回裏一死からCallum Beashelが3投目に二塁に盗塁。その後Hayden Mathewsがデッドボールを受け、両者ともダブルスティールプレイで進塁。ツーアウト敬遠四球で満塁になると、Chapmanの暴投で最初の一点をいれた。ニュージーランドのヘッドコーチ、Mark SorensonはKirkpatrickを故意に歩かせ満塁、しかしさらにBrendon O’Byrneの四球押し出しで2対0でオーストラリアはリードした。Chapmanは、Nick Nortonから奪三振、この回を脱した。

ニュージーランドは4回の表に反撃、 Reilly Makeaの犠牲フライで、Thomas Enokaを本塁に還し、Thomas Enokは1バントで進塁、Wayne LauluはFolkardにヒットを見舞われた。彼らは犠牲バントで前進し、そして最後に、ブラックソックスの最初の1点をマークした。

4回裏、オーストラリアは2点を追加した。走者一塁、Chapmanがストライクゾーンのど真ん中にボールを投げ、Beashelがレフトへ強烈なホームランを打ち込み、オーストラリアは3点リードした。

しかしながら、5回表ニュージーランドはJoel Evans と Ben Enokaの連続ホームランを含む6点を爆発させ7対4のリードをとった。

ニュージーランドは初の8連続優勝を目指し、明日は準決勝で日本と戦う。両チームは開幕戦で顔合わせをしており、アジアチームが5-1の勝利を収めている。BOXSCORE

4本の本塁打でメキシコが南アフリカを敗る

メキシコは、ハブリーチクーフブロド で南アフリカに7-0で勝利し、5回で世界選手権11 位を獲得した。メキシコのチームは、 Ivan Garciaの爆弾投下を含む、4回と5回に4本の本塁打をたたき出した。

南アフリカは12 位に 終わった。

BOXSCORE