オランダが南アフリカに7-1で勝利し、オリンピックWBSC野球ヨーロッパ/アフリカ予選で3勝目を挙げた。Sharlon Schoopが2ラン本塁打を放ちオランダの打線を牽引した。Yurendell DecasterとAdemar Rifaelaはどちらも2打点をマーク。勝利投手はMike Bolsenbroek、敗戦投手はDean Jacobs 。

「いい試合ができたと思います。日曜日にはイタリアとの大切な試合があり、ぜひ勝たなければなりません」とSchoop 監督は語った。

オランダは1回裏に先制。 Roger BernadinaとKalian Samsが四球で歩き、Sicnarf Loopstok とYurendell Decaster がシングルヒットを放ち、2-0でリードした。

南アフリカは2回表に1点を返す。Hein Robb とBrett Willemburgが四球、Rowan Ebersohnは死球で満塁のチャンスを稼ぎ、Benjamin Smithが先発Doony Breekから犠牲フライを放って1点を入れた。

3回裏、オランダは Sharlon Schoopのレフト奥深くへ放った2ラン本塁打など、3安打で4点を入れ、リードを開いた。

 

「今日は得点は多くありませんでしたが、投手は左高めのスライダーを投げてきたので、球をよく読んで打ったら本塁打になりました。」とSchoop は語った。

4回裏ではオランダはさらに1点を加えた。Dwayne Kempがセンターへシングルヒット、Ademar Rifaelaも失策で出塁し、Kempもインプレーで生還し 7-1 まで点差を広げた。

オランダの投手陣は南アフリカに攻撃のチャンスを与えなかった。Mike Bolsenbroekは2イニングを完璧に投球。Shurendy Valerianoも2イニング投球で、わずか1被安打。 Shairon Martisが最後の2イニングを受け持った。