U-12 野球ワールドカップ5日目でグループラウンドが終了し、グループAの日本、チャイニーズタイペイ、キューバ、グループBの韓国、メキシコ、ベネズエラの、計6チームがスーパーラウンドの進出が決定した。

3大会連続で優勝していたアメリカは明日7月31日(水)午前10時から韓国との試合(雨天で延期していた)を予定しているが、この試合の勝敗に関わらず敗退がすでに決まっている。

メキシコは先発Yustin Canizalesの好投が光り、アメリカを2-1で破った。右投げのYustin Canizalesは完投して勝利しただけでなく、打席でも活躍し2打点を記録した。

記事全文

ベネズエラは13-0でオーストラリアを破り、スーパーラウンド進出が決まった。

グループBのもう一つの試合では韓国がイタリアを5回11-0で快勝。右野手Doo Doongyeonが本塁打3本を放つモンスター級の活躍を見せた。

もっと読む

キューバはチェコを倒し、日本、チャイニーズタイペイと並んでスーパーラウンド進出に食い込んだ。ライナップは最初の3打席までにそれぞれ点を入れ5-0 で勝利。勝利投手は先発Johan Rodriguez、0被安打、0四球に抑えた。

日本は南アフリカを 15-0で破り、チャイニーズタイペイはフィジーを32-0で圧勝した。

もっと読む

Day 5 standings