WBSC U-18野球ワールドカップ4日目は大雨に見舞われ、2試合しか行われず、両方とも大雨のために5イニングにカットされた。今日の試合のまとめは以下の通り。リンクをクリックすると、トーナメントページにアクセスし、完全なレポート、ボックススコア、順位等を確認できる。

チャイニーズ・タイペイは、レフトの Lo Wie Chieh が二塁打を打ち、勝ち越し点を入れた数分後にゲームが終了になり、日本を3-1で破った。WBSC U-18野球ワールドカップ2019の試合で唯一無敗のチームだった日本にとって、初めての敗北だった。

記事全文

韓国はニカラグアを9対0で下した。雨により、審判コールで5イニング後にこの試合も終了した。

U-18 Baseball World Cup Day 4: the standings

WBSC技術委員会は、4試合を9月4日水曜日に延期した。

# 19 中国―オランダ

# 20 オーストラリア―カナダ

# 21 パナマ―アメリカ

# 22 南アフリカ―スペイン

試合時間は未定

U-18 Baseball World Cup Day 4: crew field at work

WBSCは、9月3日火曜日のスケジュール調整も発表した。

天気予報により、人工芝のある球場のみが使われることになりそうだ。。

以下再調整されたスケジュール

午前10時 オランダ-オーストラリア午前

  11時 米国-スペイン午後

午後2時 韓国-中国午後

  3時 カナダ-ニカラグア午後

  6時パナマ-日本

午後6時30分チャイニーズタイペイ-南アフリカ

3日目      2日目 1日目