9月7日の早朝は台風の影響で雷雨をともなう悪天候に見舞われた。WBSC技術委員会はプレースメントラウンド3日目の試合スケジュールの変更を余儀なくされ、最後の3試合も7回までのプレートなった。7月7日(土)に予定されていた打撃練習、内野練習、試合前のセレモニーなども中止となった。

第48試合( # 48)の南アフリカ対オランダ戦は9月8日(日)の午前10時に延期された。

placement round Day 3

これであと1試合を残すのみとなったが、順位はだいたい確定している。オランダとスペインはグループラウンドでパナマに勝利しているため、オランダは7位、スペインは8位になりそうだ。プレースメントラウンド3日目の2試合まとめは以下の通り。

スペインはニカラグアに7-2で勝利

試合はニカラグアのSamuel MendozaとスペインのFrank Hernandezの投手戦となり、両チームともに4回まで無失点に抑えた。

スペインが5回裏均衡を破り、Cristopher Osorioから得点を奪う。Ruben Fernandez とJuan Gonzalezが連打で満塁のチャンスを作り、3点を入れた。Franck Hernandez は2点タイムリーを記録した。

ニカラグアは6回表リリーフ Justin Lunaからnmanuel Aburtoが2点二塁打を放って点を返し、5対2まで点差を縮めた。

しかし6回裏Juan Gonzalez が本塁打を放ち、スペインは2点を加え、7対2で勝利した。

パナマは中国を3-1でくだし、プレースメントラウンド3勝目を上げて9位が確定した。

パナマは7回裏にリリーフYi Jian(敗戦投手)3点を入れて勝ち越した。先頭Julio Gonzalezが二塁打を放ち、Danilo Abregoのベースヒットで得点。さらにBenyamin Quintanar は守備エラーを絡め、タイムリーで2点を追加した。

Jonathan Amayaが5イニング投球、自責点1の成績。中国は1安打も生み出せなかったが、四球で4度出塁した。Amayaは中国の Zhao Weiとの投手戦に競り勝った。 Zhao Weiは5イニングの投球でパナマの打線を3安打に封じた。リリーフAbel Reyesは最後の6つのアウトをとって勝利投手。

プレースメントラウンド3日目現在の順位

1日目      2日目