• U-18 野球ワールドカップ2019はWBSCのFacebookで「いいね!」数が最高記録を達成

  • ワールドカップ出場の選手たちがメディアで大きな話題に

【韓国機張】第29回WBSC U-18 野球ワールドカップ® 2019の決勝が日曜日の夜機張ヒュンダイドリームパークで行われ、世界4位チャイニーズタイペイが4大会連覇のアメリカを破り王者に輝いた。この勝利を中華民国メディアも大きく扱った。

中華民国の国家元首である蔡 英文総統は、合わせて100万人を超えるフォロアーをもつ自身のFacebook とTwitterアカウントから「素晴らしい選手たちとCTBAの皆さんのたゆまない競技に対する情熱を心より誇りに思います」とお祝いのコメントを送った。

U-18 ワールドカップの決勝でチャイニーズタイペイが2対1の勝利で優勝が決まると、WBSCのSNSでは「いいね!」数がWBSC史上最多の7万3000以上、シェア数も2600を記録した。また蔡 英文総統のFacebookページでも「いいね!」数が118000を超えた。

「未来のスーパースターたちが活躍したU-18 野球ワールドカップではエンゲージメント数、視聴数、利用ボリュームは記録的な数に上り、この大会がスポーツの中でもトップのユース大会であることがまた証明されました。チャイニーズタイペイの選手の皆さん、そしてCTBAの皆さんU18ワールドカップの優勝おめでとうございます」とWBSCのリッカルド・フラッカーリ会長は祝いのコメントをした。

決勝戦や試合前や後の様子などは台湾の最大手スポーツチャンネルVideolandで台湾全土で放送された。

新王者となったチャイニーズタイペイの選手たちは空港での凱旋インタビューが予定されいてる。チャイニーズタイペイはその1週間前にU-12野球ワールドカップでも優勝に輝いた。

また、3位決定戦で韓国がオーストラリアを6−5で逆転勝利したが、9回表一死、ランナー一名から本塁打を放ち勝ち越したLee Juhyeongにも多くファンからの声援が届いた。

WBSC U-18 野球ワールドカップ2019 メディアバズ(8月30日から9月9日現在)

  • WBSC公式メディアプラットフォームには6000万件を超えるコメント、900万回を超える視聴回数を記録。視聴時間は3000万分を超えた。
  • SNSのWBSC投稿には43万の「いいね!」とコメントが寄せられた。
  • 公式ハッシュタグ#U18WorldCupが TwitterはWBSC野球ワールドカップ2019の公式メディアプラットフォームであるTwitterでトレンド入り。
  • WBSC公式サイトwbsc.org とSNSには、168の国と地域から120万人を超えるアクセス数が記録された。
  •  U-18 野球ワールドカップ取材許可証は200以上発行。U-18 ワールドカップを取材した媒体の中には、世界一の発行部数を誇り、新聞やテレビ局など合わせて読者・視聴者が1日累計10億人を超えるとされる読売新聞も含まれている。

WBSC U-18 野球ワールドカップには予選を含め38の国と地域のユース部門(15歳〜18歳)のトップ選手たちが参加した。

アフリカ (1チーム): 南アフリカ

アメリカ大陸(15チーム): アルゼンチン、バハマ、ブラジル、カナダ、コロンビア、キューバ、ドミニカ共和国、グアテマラ、ホンジュラス、メキシコ、ニカラグア、ペルー、ベネズエラ、アメリカ

アジア (7チーム): 中国、チャイニーズタイペイ、香港、インドネシア、日本、韓国、スリランカ

ヨーロッパ (10チーム): チェコ、フランス、ドイツ、イギリス、アイルランド、イタリア、リトアニア、オランダ、スペイン、ウクライナ

オセアニア (5チーム): アメリカ領サモア、オーストラリア、グアム、ニュージーランド、パラオ