ニュージーランドはワールドカップの9位決定戦をリード、オランダは13位で最高のポジションにいる。
WBSC U-19女子ソフトボールワールドカップで行われた2日目の試合の完全リポートは以下の通り

8回表のリリーフ投手のAnna Stenglovaに対してPallas Potterが2ランホームランを放ったことで、ニュージーランドはU-19女子ソフトボールワールドカップ最初の延長回でチェコ共和国に4対2で勝利した。この結果はニュージーランドにとって9位獲得に向けて大きな一歩を踏み出した事になるだろう。4打数3安打のPotterは, 一回表に最初の1点を入れている。

チェコ共和国は粘りにねばって、試合を7回の裏で同点に結びつけた。ショートのBarbora Saviolaが二塁打を放ち、相手の守備エラーで得点した。

チェコ共和国の先発投手ブルック・グラッシーは、8回のイニングで5安打を許して完投し、勝利投手。

placement round day 2 Brooke Glassie New Zealand

Brooke Glassie

 

イタリアはブラジルを5回コールドで9対1 で破り、トーナメント2回目の勝利を記録した。イタリアは 11本の安打でブラジルの先発投手Thais Suzawaを圧倒した。

イタリアは守備のミスで最初にリードを許したが、三塁手Sara Cianfriglia、ライトの Fadwa Ben Karimによる2打席目に二塁打で反撃し、その後あとを振り返ることなく攻撃を続けた。

Lacatenaは3安打のみを許し、4奪三振と相手との距離を離した。

placement round day 2 Italy

オランダはボツワナを12対7で破り、2度目の勝利をおさめ、13〜16位の決定ラウンドに残った
オランダは2打席目に8点を入れ余裕のリード。ボツワナの Boitshepo Arone とそのリリーフWame Odirileは守備から芳しいサポートが得られなかった。
.Wame Ramoruswanaは、5回目裏、リリーフ投手Isanthe Rouwenhorstからいくつかの守備エラーを利用して二塁打を奪った。

 

placement round day 2

 

アイルランドは南アフリカを4イニング10対0で破り、初勝利をあげた。
Madison Leonardは、4回のイニングで2安打と2四球で勝利投手。

アイルランドのラインナップは、南アフリカの先発投手ヌシュカデビアから1打席で3得点し、時間を無駄にしなかった。レフトのEimear Cunninghamは、この回で三塁打を放ち花を添えた。二塁手Maura Kearyは3打数3安打をマークした。

プレイスメントラウンド 2日目の順位