世界野球ソフトボール連盟は本日、コロンビアのバランキージャで今年10月19日から 28日まで開催される今年度のトップの国際野球選手権大会、WBSC U-23 ベースボールワールドカップ® 2018の対戦グループを発表した。

「U-23ベースボールワールドカップのグループ分けはグローバルで平均のとれた構成だ。第1日目から国際チームや選手たちの刺激的で果敢な試合を見ることができるだろう。」とWBSC会長 のリッカルド・フラッカーリ氏は述べた。

グループAはアメリカ大陸、アジア、ヨーロッパから構成されており、世界ランキング16位、開催国のコロンビア、2位日本(前U-23 ベースボールワールドカップ優勝国)、5位メキシコ、 6位チャイニーズタイペイ、 9 位オランダ、26位南アフリカが闘う。グループAの試合は、一万二千人収容、3千3百万ドルをかけて新しく開設されたバランキージャのエドガー・レンテリア・ナショナルベースボールスタジアムで行われる。

グループBはアメリカ大陸、アジア、ヨーロッパ、オセアニアから構成され、世界ランキング3位の韓国( 2016年 3位)、 8位オーストラリア(  2016年準優勝国)、 10位プエルトリコ、 11位ベネズエラ、 12位ドミニカ共和国、 18位チェコ共和国が闘う。グループBの試合は1万2千人収容のコロンビアのプロ野球リーグ Leones de Montería(モンテリアライオンズ)の本拠地June 18 Baseball Stadium (6月18日ベースボールスタジアム)で開催される。

各グループの上位3位のチームがスーパーラウンドに進出する。

U-23ベースボールワールドカップの優勝国には、690の世界ランキングポイントを付与される。この大会は主要国際大会であるプレミア12®、ワールドベースボールクラシックに続いて、3番目に大きな国際野球大会であり、贈られる賞与は今年最大の賞与だ。

2016年のU-23ベースボールワールドカップの各国代表チームの選手団の中には世界中のオーストラリア野球リーグ、中国プロ野球リーグ、韓国野球機構、メジャーリーグ野球、メキシカン野球リーグ、ニカラグアプロ野球リーグ、日プロ野球等の世界中の団体に所属している選手達がいる。

トーナメントの公式ミニサイトはu23bwc.wbsc.orgで6か国語(英語、フランス語、日本語、韓国語、スペイン語、繁体字中国 語)で見ることできる。