WBSCはナイロビにあるケニア大学で野球のための競技組織マネージメントとケニアソフトボール連盟に関する一連のセミナーを開催した。

このセミナーはアフリカ発展振興プロジェクト (ADP)の第一段階で、南アフリカのヨハネスブルグで行われたWBSCアフリカ野球サミット2017にてWBSC発展振興委員会とアフリカ野球ソフトボール協会(ABSA)が企画したもの。

ADPの第一段階はアフリカ国内連盟スタッフのマネージメント能力を伸ばすことを目的としている。第二段階では連盟の技術的な発展について重点的に取り組む。

第一段階終了後、第二段階に進み、WBSCが講師を派遣し、二つのセミナーを行う予定だ。

さらにADPの第三段階では、WBSCは国内連盟の大会開催をサポートする。

ナイロビでの研修会セミナーには20名が参加。地元行政・自治体、スポーツ局、メディア、そのほかとの関係構築などについての講義を受けた。

参加者たちはまた中長期プラン構築のコンセプトやアスリート育成の重要性などについて学んだ。

最終日にはそのほかの講義テーマの一つとしてアフリカにおけるベースボール5の可能性などについても紹介された。