WBSC女子ベースボールワールドカップのトロフィーツアーがMLBのシカゴ・カブスの本拠地リグレーフィールドでも展示されることが決定

【スイス・ローザンヌ】世界野球ソフトボール連盟は今日、8月22日から31日までフロリダ州ビエラ市の USSSA スペースコーストコンプレックスで開催される第8回WBSC女子ベースボールワールドカップ®2018の公式試合日程を発表した。同大会は今回がアメリカ初開催となる。

公式日程/メディアキットをダウンロード

女子野球最高峰のこの女子ベースボールワールドカップは、オープニングラウンド(グループステージ/ラウンドロビン)、スーパーラウンド、メダル決定戦ラウンドの三つのステージ計50試合から構成される。

「女子ベースボールワールドカップが2016年の44試合から50試合に拡大されることをWBSCは誇りに思います。2014年大会の24試合から比べると倍以上に拡大しました。世界のトップ女子野球選手たちが集結。国を代表して世界の王冠を目指し、世界中の観客にその選手の力とソフトボールのすばらしさを披露してくれます。」とWBSCのリッカルド・フラッカーリ会長はコメントした。

USSSAのドン・デドナティスCEOは「USSSAは WBSCと提携してより大きくなった女子ベースボールワールドカップを提供できることをうれしく光栄に思います。USSSA スペースコーストに注目が集まり、世界トップレベルの選手たちが10日間で50試合披露してくれますが、われわれ協会がそのすばらしい大会の一部として携わることができて誠に光栄です。8月22日の開幕日が待ちきれません」とコメントした。

「世界一の称号の為に」激突するオープニングラウンドは毎日6試合行われる。

オープニングラウンド – 1日目

  • 第1試合: 初デビューを飾るドミニカ共和国は前大会優勝で世界ランク1位の日本と対決
  • 第2試合: 2016年3位決定戦のリマッチ。世界6位チャイニーズタイペイ対5位ベネズエラ
  • 第3試合: 香港は2016年準優勝でアメリカ大陸トップのカナダと対戦。
  • 第4試合: 世界9位キューバがオセアニア首位・世界4位のオーストラリアと対決。
  • 第5試合: 世界7位の韓国がヨーロッパ首位のオランダと対戦。
  • 第6試合: 開会式直後にはアメリカ大陸同士が激突。ランク圏外のプエルトリコがホスト国・世界3位のアメリカの対戦。

日本は現在5大会連続優勝(2008年、2010年、2012年、2014年、2016年)および21試合連続勝利の記録を携えてビエラ入りする。日本が最後に試合に負けたのは2012年大会の対アメリカ戦で5対2で敗れた。

スーパーラウンド

オープニングラウンドの30試合終了後、グループAの上位3チームとグループBの上位3チームが3日間にわたるスーパーラウンドで対決する。7位から12位までを決定するコンソレーションラウンドも行われ、最終的な順位に従いWBSC 女子野球世界ランキングにポイントが加算される。

決勝ラウンド

スーパーラウンド終了後、上位2チームは8月31日(金)現地時間18時より「For the Title of World Champion(世界一の称号の為に)」決勝戦を行う。3位と4位の決定戦は同日午後13時より行われる。

WBSC女子ベースボールワールドカップのトロフィーがリグリーフィールドでも展示決定

USSSA/フロリダのスペースコーストが提供するWBSC 女子ベースボールワールドカップ2018トロフィーの巡回地に新たにシカゴ・カブスの本拠地である歴史的なリグリーフィールドが追加された。先週の土曜日よりこのトロフィーツアがMLBの球場で開始され、ワシントンDCのナショナルズ・パークを訪れた何千人ものファンたちに披露された。このトロフィーツアーは女子ベースボールワールドカップ開催までの間MLB の球場7か所を巡回する。

  • 7月7日: マーリンズ vs ナショナルズ( ナショナルズ・パーク、 Washington、D.C.)
  • 7月13日:ナショナルズ vs メッツ( シティ・フィールド、 Queens, New York)
  • 7月14日:ブルー・ジェイズ vs レッド・ソックス(フェンウェイ・パーク、 Boston, Mass)
  • 7月15日: フィリーズ vs マーリンズ(マーリンズ・パーク、Miami, Florida)
  • 7月25日:ダイアモンドバックス vs  カブス( リグリーフィールド、 Chicago, Illinois)
  • 8月3日: ホワイト・ソックス vs レイズ(トロピカーナ・フィールド、 St. Petersburg, Florida)
  • 8月13日: ダイアモンドバックス vs ブレーブス(サントラスト・パーク、 Atlanta, Georgia)

女子ベースボールワールドカップでは記録的な試合放送が予定されている。USSSAがホスト放送局として全50試合をグローバルに提供 する。

2016年韓国の機帳で開催されたWBSC 女子ベースボールワールドカップの前大会では、およそ一億世帯が視聴し、198の国と地域からオンラインアクセスがあった。

WBSC 女子ベースボールワールドカップ in ビエラのチケット販売およびメディア登録については近日発表される予定。