ブルガリア野球連盟は、野球欧州選手権のための2つの予選大会の1つをブラゴエヴグラトで開催した。

ブルガリアはギリシャ、イスラエル、セルビア、アイルランド、ロシアと対戦した。イスラエルはグループラウンドに勝った後、3試合シリーズでスロバキアのトルナバでのもう1つの予選で勝利したリトアニアを破った。勝ったイスラエルはヨーロッパ選手権大会に出場する。ドイツのボンとゾーリンゲンで開催されるヨーロッパ選手権大会の勝者は、第32回東京オリンピック2020の為のWBSC予選大会の1枠を獲得する。

ブルガリアはブラゴエヴグラトで行われた大会の5試合に敗れたが、大会運営には成功した。

「大会には大変多くの参加があった。」とブルガリア野球連盟のYasen Nedelchev会長は語った。

連盟は地元のクラブバッファローの支援を受けてブラゴエヴグラトで大会を開催した。競技場とスコアボードの大幅な改修により、会場は国際野球の標準にアップグレードされた。WBSCは、費用を賄う助成金を通じて財政支援を行った。