【スイス・ローザンヌ】  7月19日 世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は7月23日から27日までオランダのユトレヒトで開催される WBSC ソフトボールヨーロッパ・アフリカ予選のスケジュールを発表した。トーナメントの全16ゲームは、WBSC OTT プラットフォームを通じてライブストリーミング(生配信)される。

ヨーロッパのトップ6チームは、ユトレヒトのSportpark de Paperclip球場でアフリカ諸国のトップ2チームと対戦する。参加する8チームはスイスのローザンヌのWBSC本部にて7月10日水曜日の抽選会で、2つのグループに分けられた。

グループ A は開催国 世界ランキング10位の オランダ, 12位の イギリス、28位の 南アフリカ と  35位のスペイン で戦われる。

トーナメントのトップランキングのチーム, 9位のイタリアは. 15位野チェコ共和国、 26位のフランス、43位のボツワナとグループBで戦う。

12試合のオープニングラウンドは7月23日から25日まで行われる。2グループのそれぞれのトップ2チームは、7月26日から27日に開催予定のスーパーラウンドで戦い、トーナメント決勝戦でトップの代表チームが東京2020オリンピックへの出場権を獲得する。

WBSC ソフトボール ヨーロッパ/アフリカ予選大会 の名簿、成績、順位など、すべてのトーナメント情報は、大会の公式マイクロサイトofficial microsite of the tournamentで入手可能。

全16ゲームをライブストリーミング配信(生配信)

WBSCは本日、東京2020のヨーロッパ/アフリカ予選大会のストリーミング詳細も発表した。ヨーロッパとアメリカから合計4つのテレビ局がWBSCと提携し、それぞれの地域でトーナメントを生放送する。

カナダとアメリカでの独占放送権はFloSportsに授与されたが、スペインのファンはLa Liga Sportsを通して予選大会のすべてのを見ることができる。

さらに、WBSCは、チェコ共和国とイタリアの試合を自国で放送するため、チェスカテレビ放送とスカイイタリアに独占放送権を与えた。

世界の他の地域では、トーナメントの16試合すべてを公式WBSC OTTプラットフォームを通じて視聴することができる。この大会はオリンピックチャンネルを通じても開催されるが、ヨーロッパの他の国々からのファンもbaseballsoftball.tvで試合を観戦することができる。

大会日程

WBSCソフトボールヨーロッパ/アフリカ予選についてのさらなるニュース

ユトレヒトWBSCソフトボールヨーロッパ /アフリカ 予選 チケット販売

WBSCソフトボールヨーロッパ/アフリカ第20回XXXIIオリンピック競技大会予選大会出場チーム