韓国の機帳で開催されるユース野球最高峰の大会開幕まであと50日!

【スイス・ローザンヌ】世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は今日、韓国の機帳で開催されるWBSC U-18 野球ワールドカップ® 2019 の公式プロモーションビデオを公開した。ユース野球最高峰の大会開幕まであと50日に迫った。

公式プロモーションビデオ「The Future of Baseball is Here: WBSC U-18 Baseball World Cup」はは2017年大会のハイライトシーンなどから構成される。この映像は中継テレビ局でも使用され、プレゲームイベントで開催会場の機帳ヒュンダイドリームボールパークのスコアボードにも流される予定だ。

大陸予選を含めWBSC U-18 野球ワールドカップからは数多くのスター選手が輩出されていることからこのタイトル「The Future of Baseball is Here(野球の未来はここに)」が名付けられた。これまで同大会からは日本のダルビッシュ有、大谷翔平、カナダのマイク・ソロカ、韓国のチュ・シンス、キューバのヤシエル・プイグやアロルディス・チャップマン、アメリカのフランシスコ・リンドール、クレイトン・カーショウ、ブライス・ハーパー、マニー・マチャド、バスター・ポージーなどのスターが生まれた。

WBSCのリッカルド・フラッカーリ会長は「U-18 ベースボールワールドカップ はユース競技の中でももっとも名声の高い国際大会の一つです。ここで活躍した選手たちの中にはスターダムを上り、巨額契約を果たしている選手もいます」とコメントした。

WBSC U-18 野球ワールドカップ2019は8月30日から9月8日まで行われ、大韓野球ソフトボール協会(KBSA)が主管する。会場となるのは韓国最大のユース野球施設・機帳ヒュンダイドリームパーク。

2021年のWBSC U-18 野球ワールドカップは全米アマチュア野球連盟(USA Baseball)がフロリダ州のサラソタ市とブラデントン市と連動して開催する。

WBSC U-18 野球ワールドカップの公式サイトはhttps://u18bwc.wbsc.org(英語、フランス語、日本語、韓国語、スペイン語、中国語で対応)