WBSCのミニ野球プロモーションビデオ「We All Come from Different Countries, but We All Love Baseball(国は違っても、野球を愛する気持ちはみな同じ)」 ミニ野球推進の初期目標: 2018年中国、香港、マカオ、台湾に導入、2019年に新U-10 国際大会および親善試合開催

【北京】世界野球ソフトボール連盟 (WBSC) は新たな競技のグローバル推進計画、ミニ野球ソフトボールを公式的に開始。野球とソフトボールの世界人口拡大を目標に初期3年間計画を発表した。

「この新たなミニ野球ソフトボールのグローバル推進計画はこれから10年で野球ソフトボール人口10億人達成の目標に合わせたもの。野球やソフトボールの簡易版で道ばたや街中などの狭いところでも楽しめ、世界中だれでもできるスポーツだ」とWBSCのフラッカーリ会長はコメントした。

北京にてWBSCは新しく制作したプロモーションビデオとともにアジアのメディア、政府関係者、スポーツ関係者にミニ野球ソフトボールを発表した。

ミニ野球ソフトボールはその名の通り、ルールなどをやさしくした安全で楽しいゲーム。6歳~10歳の子供たちに導入することが狙いだ。使用する用具も軽く、ブラスチックでできたベースを簡単にならべるだけでできる。

2018年のWBSCミニ野球ソフトボール計画の初期目標は野球とソフトボールの推進のため、中国、香港、マカオ、台湾にミニ野球スタートキットを提供すること。学校の科目にミニ野球を導入し、新たなリーグやクラブ世代を生み出すことが狙いだ。

WBSCミニ野球計画はすでに台湾のスポーツ教育省からの支援も受けている。

WBSCミニ野球ソフトボール計画はアジア野球連盟(BFA)と中華民国野球協会(CTBA)、中国最大のスポーツ用品チェーン店YY Sports、アジア中国語圏のスポーツマーケティング最大手企業の PCG Brosなどからの後援を受けている。

中国、香港、マカオ、台湾でのミニ野球が導入された後、そのほかの大陸や国でも導入される予定だ。

WBSCミニ野球の詳細情報はこちらよりhttp://minibaseball.yysports.com/en